うなぎの白焼き | Blog | mamara.

mamara

menu

Blog

products

2021.07.25

うなぎの白焼き

まだまだ厳しい規制は続き、

ストレスもマックス状態ですよね。

子供達にとっては携帯にゲーム、

ダラダラ具合はマックスなのに、

動かなくてもお腹は減る…どうにかして欲しいです。

でもご飯はもりもり食べてもらい、

コロナに負けない体に!!ですね。

 

さあ!日本では7月28日は土用の丑の日!!

栄養価の高いうなぎを食べて乗り切ります。

 

日本を思い出す行事や四季を感じるって

嬉しいですよね。

 

子供が幼稚園の頃は行事毎に

日本を思い出せていましたが、

大きくなってくると親が意識しない限り忘れがち…。

 

『土用の丑の日』とお声がけ頂けなければ

スルーしていました。

今週はうなぎを食べながら日本の風習や歴史を

振り返えりたいと思います。

 

お声がけいただいた↓↓↓↓↓

 

台湾のメーカーが所有する中国の工場で

製造されている「うなぎの白焼き」

 

中国及び東南アジアに複数の工場を所有しており、

日本への輸出は50年ほど前から続いております。

今では毎年1千トン以上を日本へ輸出しており、

多くの著名な外食チェーンで

お取り扱い頂いている製品です。

 

今回、IGM Vietnamさんが運営するDashi Labの

「蒲焼きのたれ」とコラボとして、

日本品質の白焼きを限定でメーカーから直輸入!!

アメリカ種のロストラータという身が柔らかく

臭いも少ない品種です。

(ジャポニカ種よりも脂ののりが良いのも特徴です。)

 工場での製造においては日本の厳しい

品質規格を順守し、

関東風に蒸してから焼き上げ、

ふっくら柔らかく仕上げております。

 

ウナギを捌いたり蒸したりといった

難しい工程は工場に任せ、

蒲焼きへ仕上げる工程をご家庭で

チャレンジしてみてください。

できあいの蒲焼きと違った美味しさを

きっとお楽しみ頂けます!!

 

白焼きのまま塩やわさびでも

お召し上がりください!!

 

白焼き派? 蒲焼き派?

 

私は白焼き!! 柚子胡椒にわさび、塩が

最高です!!

でも半分はタレで(^^)

蒲焼きのタレは、使い切りサイズがございます。

 

************************

 

うなぎの白焼き: 224,000vnd

 重量:200g(ほぼ個体差なし)

 長さ:約27㎝(1-2㎝程度の個体差若干あり)

 肉厚な厚み:約2.0㎝(0.5㎜程度の個体差若干あり)

蒲焼きのタレ: 25,000vnd / 80g

 

*************************

 

【白焼き・蒲焼共通ポイント】

☆半分に切ってから焼くと、身割れが防げます。

☆自然解凍時に完全に解凍をすると、

身が柔らかくなりすぎて身割れし易くなります。

8割程度の解凍で焼き始めがお勧めです。

 

【白焼きの調理方法】

加熱条件は、実際の状態を見ながら微調整してください。

 

・ 湯煎

凍ったまま袋ごと熱湯で3-5分ほど温めて召し上がって下さい。

 

・フライパン、オーブン、エアフライヤーを使用する場合。

 

自然解凍後、180℃で約15分程度。

最初に皮目を下にして焼き、

表面が少し乾いてきたら裏返し、

身を上にして一部に軽く焦げ目がつくまで焼きます。

 

 ************************

 

【蒲焼き調理方法】

加熱条件は、実際の状態を見ながら微調整してください。

 

・フライパン、オーブン、エアフライヤーを使用する場合。

 

自然解凍後、180℃で約15分程度。

最初に皮目を下にして焼き、

表面が少し乾いてきたら返し、

身を上にして一部に軽く焦げ目がつくまで焼きます。

 

・身と皮とをそれぞれ2回ずつタレを塗り

焼く程度があまり焦げずに仕上げられます。

(身のふちや尾の先端あたりが焦げやすいです。)

 

・返すタイミングは、

タレが沸々と沸騰して少したって

タレの粘度が少し上がってからが丁度良いです。

 

・エアフライヤーの場合、

下にアルミホイルを敷いておくと

ひっくり返すときに役立ちますし、

調理後の洗浄は楽です。

 

・お召し上がり時にもっとタレをかけたい場合は、

予めたれを煮詰めておき使用するとよく絡まります。

 

・脂を少し落としたい場合

【オーブン】

下に網を敷いておくと落とせます。

【エアフライヤー】

アルミホイルを敷かずに焼くと落とせます。

 

 

Contact

Leave this empty:

お名前
Email
お問い合わせ内容
本文