たこ焼き | Blog | mamara.

mamara

menu

Blog

products

2022.02.14

たこ焼き

1月に入ってから【たこ焼き】の記事投稿します!と

お伝えしていましたが

ちょっと過ぎてしまいました。すみません。

新商品販売に合わせて

なるべく商品紹介記事を書くようにしていますが、

間に合わなくて先に販売をしてしまいました。

 

去年の3月に、

たこ焼き工場に見学に行かせてもらってから

販売するまでにたくさんの時間がかかりました。

そう!コロナのやつです。

 

 

mamara. clubの初めての試みで、

商品化に向けて主婦の声を聞かせて頂いた

第一号の商品はたこ焼きなんです!

なのに

作った商品ラベルステッカーが

工場配送中に行方不明になり、

第一回目発注分は泣く泣くステッカー無しの

状態で販売することになりました。

なので今販売しているたこ焼きはラベルが

ありません。

 

常にいろんなトラブルがありますが、

こうやってブログに書ける日が来たことが

今は嬉しいです。

現在は6個入り商品のみですが、

近々24個入りたこ焼きも販売しまーーーす!

 

こちらのたこ焼き、

日本輸出向けに作っている本格的なたこ焼きなんです。

何が本格的か?って…

それは今まで見学させて頂いた工場の中で

断トツで凄っ‼️って思ったのですが

なんと全部手焼きなんです‼️

 

どデカい工場の中にたこ焼きの鉄板がズラーっと並び、

それをたくさんの人がクルクルクルクル

たこ焼きを回し、

一つ一つ手焼きしているんです。

 

工場=効率よく生産性を高めるために

機械・ロボットで製造。

そんなイメージですよね?

 

このたこ焼き工場は違ったんです。

わかりやすく言うと

大きな工場の中に清潔な屋台が整列

伝わるかな🤣

圧巻?魅了?度肝抜く?今思い付いた言葉を

並べてみました。乏しい語彙力。。。

夢中になる、ワクワクする、惹きつけられる、

びっくりする、ずば抜けている

何⁉️なに⁉️このたこ焼き工場‼️な光景でした。

とにかくたこ焼き愛が凄い‼️

 

もう一度言います。

たこ焼きを輸出用に手焼きですよ。

普通に考えたら

日本の技術でたこ焼きを作る機械・ロボットを造り、

名店のレシピで量産する。

なのに手焼きにこだわる。

時間をかけてでも機械では作ることの出来ない

美味しいたこ焼きを作りたい。

 

そしてその規模なので

衛生管理も徹底していました。

携帯ももちろん禁止なので

その光景や作業風景を写真に収めることは

出来ませんでしたが、

全部を手作業にこだわり美味しさを追求し、

衛生管理、たこ焼き愛に溢れた工場は、

今まで見学させていただいた工場の中で

間違いなくNo.1です!

『美味しいたこ焼きを届けたい』

そんな想いが伝わる工場を見させて頂き、

私にもお手伝いさせて下さい!な

気持ちになった商品なんです。

 

 

一番美味しい召し上がり方は、

ノンフライヤーで温めていただくのが

カリッ・フワ・とろ〜で良いのですが、

なかなかないですよね。。

なので冷凍のまま電子レンジで約3分弱温めて

お召し上がり下さい。

揚げてもokです。

 

 

たこ焼き以外にも【ちぎり天】も別工場で

製造しています。

その商品もたこ焼きと同時進行で

mamara. clubの方々に声を聞かせて頂いた

商品なんです。

ちぎり天も近い内にご紹介できると思いますので

楽しみに待っていて下さいね!

ちぎり天=さつま揚げ

九州ではさつま揚げを天ぷらと呼びます。

またご紹介させていただきますね!

 

Contact

Leave this empty:

お名前
Email
お問い合わせ内容
本文